葬式はできるだけ本人の希望通りに

無宗教な人達のお葬式について

日本では多宗教と呼ばれるほど、多くの人が様々な宗教を信仰しています。基本的に多いのは仏教になりますがそのほかにも神教やキリスト教なども多いです。最近の傾向としては無宗教の人も中にはおり、そういった人の場合のお葬式なども一般的な一般葬などをせずこだわりない人も増えてきています。無宗教の人で多いお葬式として、直葬と呼ばれるタイプの形式があります。故人が無宗教で死にたいする考えかた事態に宗教の概念が無いため、お葬式自体が不要という考え方です。その為に通夜や告別式などは一切なく、亡くなられたらすぐに火葬してしまう方法です。その為、別の名前では火葬式などと呼ばれることも多いです。

お坊さんを呼んで読経などもせず、家族の中だけで内々に行われます。その為、直葬は宗教とは結び付きの弱いお葬式の1つとなります。そのほかには音楽葬と呼ばれる形式などです。仏教であれば読経があり、キリストでは讃美歌や聖書の一節などをとなえます。ですが音楽葬の場合はその名の通り音楽を流して行われるお葬式です。形式などは様々ですが、通夜や告別式の際も生前故人が好きだった音楽をながしてお別れをするタイプです。仕事などで音楽に携わっていた人や宗教に対する考え方が薄い人などが、お葬式の形式にこだわらずに行うタイプのお葬式といえます。

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.