葬式はできるだけ本人の希望通りに

お葬式の一通りの流れ

お葬式は通夜、葬儀、告別式という流れで行われるのが一般的です。通夜は本来亡くなった人の身内だけで行う儀式でしたが、今は僧侶や弔問客を招いて読経やお焼香をするのが普通になっています。通夜の儀式が一通りおわったあとには通夜ぶるまいがあります。通夜ぶるまいとは、通夜に参列した弔問客たちが集まり、簡単な料理を食べることです。みんなで亡くなった人の生前の思い出話を語らい、明るく送り出すことが供養になるとされています。いまは本来の通夜よりも時間を短縮して行う「半通夜」も普及しています。半通夜とは2時間程度で簡単に済ませる通夜で、通夜ぶるまいも短縮されます。

通夜のあとには葬儀と告別式があります。葬儀では通夜と同じように僧侶による読経と、遺族や会葬者によるお焼香があります。遺族を代表して喪主の挨拶や、友人代表による弔辞、弔電の披露などもあります。葬儀が終わったあとには棺を会場から火葬場に移し、告別式が行われます。本来は葬儀と告別式はまったく別の儀式でしたが、今は時間を短縮するために両方区別なく行うのが一般的になっています。告別式が終了したら火葬をします。火葬のあとにお骨上げがありひととりの儀式が完了します。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.