葬式はできるだけ本人の希望通りに

宗教によって違うお葬式

お葬式には宗教や地域独特の慣習が色濃く反映されます。宗教でいえば、仏教、神式、キリスト式があります。日本の葬儀の9割は仏教に基づいた仏式で行われています。僧侶が寺院や会場でお経を上げ、遺族や参加者たちが祭壇に向かってお焼香をするのが仏式葬儀の代表的なスタイルです。神式の葬儀の場合、僧侶ではなく神職がお葬式を司ります。そしてお焼香の代わりに、玉串奉奠が行われます。玉串奉奠の「玉串」とは、榊の小枝に白いしでをつけたもので、これを祭壇にささげることを玉串奉奠といいます。また、神式では「手水の儀」という水で手を口元を清める儀式もあります。

キリスト教式の葬儀は、「プロテスタント」と「カトリック」で微妙に違います。どちらも教会で行うのは同じですが、プロテスタントは「牧師」カトリックは「神父」が祈りをささげます。葬儀や告別式では、参列者は白いゆりの花を祭壇に捧げます。本来のキリスト教の葬儀では通夜という儀式はありませんが、日本では仏式の通夜にあわせて、プロテスタントで「前夜式」、カトリックで「通夜のいのり」というのが行われます。どちらも聖書の朗読や牧師や神父による説教、神への祈りなどが中心に行われます。

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.