葬式はできるだけ本人の希望通りに

お葬式に参加するときの服装

通夜、葬儀、告別式などのお葬式に参列するときには、「喪服」を着用するのがマナーです。男性の場合はシングルかダブルのブラックのスーツが基本です。ブラックの無地のネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴で全体的に統一します。ネクタイピンはつけず、カフスをつける場合は黒石などシンプルなものにします。結婚指輪以外のアクセサリーをつけるのはNGです。仏教の葬儀に参列する場合は、数珠を「左手」で持つようにします。

女性の場合は黒のアンサンブルかワンピース、ストッキングや靴、バッグも黒で統一します。黒であっても光沢のある素材のものやラメが入った素材のものはNGです。長い髪はうしろでまとめて、髪飾りは派手なものではなく、黒いリボンやバレッタを使うようにします。結婚指輪以外のネックレスやリングやピアスなどのアクセサリーはNGです。パールのネックレスをつけてもいい場合がありますが、その場合は二連ではなく一連のネックレスにします。二連には「不幸が続けておこる」という意味があり、タブーとされているからです。メイクはナチュラルメイクにして、マニキュアはつけないか、またはベージュか薄いピンクのナチュラルな色合いのものにするのが常識です。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.