葬式はできるだけ本人の希望通りに

葬式ができる民間斎場と公営斎場

葬式を行うことができる場所のことを斎場といい、斎場では亡くなった者へのお別れをすることができる告別式を執り行うことができる場所として、告別式の時には場所を貸し出すという形での利用となっていますが、斎場には大きく分けて民間斎場と、公営斎場の二つの斎場があります。

公営斎場の場合には、自治体や市が運営を行っている斎場となっているため、民間斎場に比べると費用が安いため、なにかとお金がかかってしまう葬式を安く抑えることができますが、公営斎場のなかには施設が古くなってしまってきているところも多いため、設備が整っていないといったところも多く、場所がわかりづらいという公営斎場もあるため、どちらを利用するかはきちんと検討しどちらにもよい点と悪い点があるため、しっておく必要があります。

民間斎場の場合には、民間の事業者が運営から管理を行っている斎場となっているため、斎場の大きさや斎場内の設備などはその斎場によって異なってきますが、民間斎場の場合には設備が最新式のものが多かったり、斎場内が新しくきれいなところも多いため利用することが便利だというメリットがありますが、葬式にかかってしまう費用が高いという特徴が民間斎場にはあります。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.