葬式はできるだけ本人の希望通りに

一般的なお葬式の種類について

お葬式とは突然の訃報をうけて参加することが多いですが、もちろん自分が喪主などになって取り仕切る場合も出てきます。人は生きている限りいずれは必ず亡くなるため、お葬式というのはだれもが1度は経験します。そんなお葬式ですが、最近では色々な種類のものも出てきていますが、まずは一般的なお葬式についてまとめます。まずは昔から現代にかけて一般的に多い形式のお葬式が、一般葬と呼ばれるタイプのお葬式になります。一般葬とは親族だけでなく、知人や友人など一般会葬者の人達も含めて行われるお葬式になります。故人の人間関係によっては弔問客がとても多く、大規模なお葬式になることも場合にはあります。

通夜や告別式を行いまます。次にお葬式の形式として、家族葬と呼ばれるタイプです。これは一般葬とは異なり一般会葬者たちを含めたいタイプのお葬式になります。身内だけの親族のみで執り行われる小規模なお葬式になります。落ち着いて静かに家族だけで見送りたいという場合や、故人の人間関係が薄い場合などに行われることが多いです。あえて家族葬にしたわけではないですが、一般会葬者が少なく家族葬になってしまった場合なども含めます。このようにお葬式を行う際に、この2つの形式のものが一般的に多く執り行われるお葬式のタイプになります。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017葬式はできるだけ本人の希望通りに.All rights reserved.